パリに到着してからの話:

さて、私がお手伝いできるのは、受講生の方々がフランスにいらしてからです。ビザで渡仏した場合フランスに到着後、3か月以内に移民局(OFII)にフォーマットを提出する必要があります。

提出方法は、住む地域によって直接OFIIに提出、その場で書類受領の証明をいただけます。

OFIIに郵送、その場合は受領証明のハガキ付き書留にする必要があります。

*** 申請した時期によって、ビザの延長が可能な場合とそうでない場合がありますのでご注意ください!

ほかほかの最新情報です。私の上司がPrefectureに行って担当者に直接お聞きした情報:

滞在ビザをもってフランスに到着した場合、3ヶ月以内に、住居する場所によって、パリ市内の場合はOFII、パリ郊外の件の場合はPrefectureに

  • 日本から持参したOFIIの書類
  • パスポートのビザのあるページのコピー

を持参、または、郵送します。郵送の際には、必ず受け取り証明用はがきつき書きとめで送ってください。こちらで送っておけば、相手が受け取ったかどうか、日付を含め、音沙汰がない場合の証明になります。その後、当局から連絡があり、健康診断+呼び出し期日、必要書類などが明記された手紙が届きます。フランス語レッスンなど、お忙しく、都合が悪い日に予定されていても、期日変更は可能かどうか?また、変更をお願いしたら、いつになるかまったくわかりませんので、万事配して呼び出し期日に応じてください。

現在、OFIIの場合、健康診断は同じ場所で行われます。というわけで、呼び出し期日は同じです。この健康診断、もしかしたら廃止になるかもしれない、とのことです。未確認情報ですが

。。。

現在のところ、出生地、両親の名前などの明記された戸籍の翻訳は必要書類に入っていませんが、これも、必要書類の仲間入りをする可能性大です、こちらも未確認情報ですが。。。

ただし戸籍抄本、謄本をもとに、出生証明書などを発行してもらう場合、6ヶ月以内の抄本、もしくは謄本が必要ですのでお気をつけて。。

 

 

 

in neque. dapibus tempus velit, commodo Praesent porta.