ニース2017年夏 パリ空港駐車場の話

タイトルが思い浮かばなかったので、夏と書きましたが、ニース滞在1週間のお話です。いろいろ書いていたら、今回は駐車場のお話のみになってしまいました。写真でこれからお話することを予告させていただきます。

若かりしころ、カーニバル時期に旅行しアンチニースになっていた私ですが、去年から何回か訪れ、滞在するたびにお気に入りの部分が増えて、アンチ感情はずいぶん薄れてきました。だんだん好きになっているといっても過言ではありません。
すばらしいお天気、きれいな花、雰囲気のある町並み、レストランでのお食事もパリよりお安くとてもおいしいものが食べられる問いっても過言ではありません!

 

今回も飛行機旅行です。
パリからは約1時間、電車ですと5時間かかります。車ですと7時間以上でしょうか。
人によっては、空港に早めに行くのが面倒とか、荷物が、とかいろいろ事情はありますが、やはり飛行機は乗ってからが早いのでなんだか楽な感じがします。
7月になってからの予約だったので、飛行機のチケットは少し高めです。今回はエールフランス、往復200ユーロちょっと、前もって予約しておけば、EasyJetなどで往復100ユーロのチケット購入も可能です。シーズンオフもお手軽なお値段でチケットが手に入ります。SNCFより安い気がします。。。

しかし、空港というのはどこも不便なところにありますね。我が家からも電車やバスだとなんだかひどく時間がかかり、早朝の便の場合は本当に考え物です。

今回利用したのはパリの南にあるオルリー空港、空港近くの格安駐車場で、8日間で70ユーロでした。
車での移動は短い時間で済みますが、駐車場から空港まで送迎してもらうとやはり1時かんほど余裕を持って考えたほうがよいですね。
今回利用した駐車場はトラベルカーというサイトを利用して見つけました。日付や到着時間などをもとに見積もりを出し、気に入ったパーキングがみつかったら、車の詳細を記入して申し込み、という便利なサイトです。支払いはカードでしなければなりませんが、預けるときにカードや支払いの作業がないのでかえって安心かもしれません。。。駐車場はたいていなんだか怪しげな場所(工業地帯とか辺鄙なところ)にあるようですが、いままで危ない目にあったことはありません。
駐車場がいくつもある中で、私の決め手は、空港までの距離と値段です。
そのほか、室内の駐車場がいい、とか、ホテルの駐車場が希望、など、条件はいろいろ選べます。

戻ってきたときに、預けた荷物を受け取ってから送迎の連絡をするので、タイミングのよいときはすぐにお迎えに来てもらえますが、何人か一緒にピックアップするので最初に到着した組だとちょっと待ち長いかもしれません。私は、電話した時点から自分の車をスタートさせるまでにちょうど一時間かかりました。それでも、Orly空港から自分の家までタクシーで大枚をはたいたり、公共交通機関でよっこら家に帰るより快適といえるでしょう。
それから、ちょっとびっくりしたのは、駐車場到着時には外に置いたのに、戻ってみたら、建物の中にある、といわれ、車の鍵を使ってみつけて、といわれ、我が家の車は、電池切れでピという合図ができず、どうしようかと考えていたら、同じ送迎者に乗った夫婦の車の隣に泊めてありました。ちゃんと考えて車を移動したんだ!とちょっぴり見直しました。

フランスラングパリ校/フランスで唯一開講のフランス語学校?の話

フランスラングパリ校では、毎年年末、クリスマス年末特別プログラムとして12月の最後の2週間、フランス語講座を開講しています。
確かめたわけではありませんが、フランスでは唯一開講している講座だそうです。。。
通常のコース同様、1週間単位でお申し込みが可能です。
特別プログラムだからといって、気を抜いているわけではありません。

平日どおり20レッスン15時間のフランス語レッスン+課外活動/アクティビティーとして、フランス語ガイド付き1時間30分のパリ散策、フランス語映画上映、講師スタッフとのアペリティフなど、お楽しみプログラムもあるのです!

2016年年末も開講されました。
まずは、1時間30分のパリ散策から。
私が参加した第1週目は、フラゴナール香水博物館です。

フラゴナールは有名な香水店ですが、パリオペラ座近くに博物館に加えて、
南フランスGrasseやEzeにも博物館があります。
それぞれの博物館で独自の説明があり、最後には博物館のショップでしか購入できないお土産をゲットすることができます!!!

水曜日は、フランス語映画の上映です。
このアクティビティーは、毎週水曜日、フランスラングパリノートルダム校で行われています。
担当教師の簡単な説明の後、上映鑑賞後、簡単なディスカッションがあります。
フランス語をはじめたばかりの受講生の方々にも、細部にわたって理解できなくてもフランス語に触れる機会になるので、時間のあるときには是非参加するようお願いしています。

今回は Les Intouchable 日本語タイトルは 最強の二人 だそうです(実は日本語タイトルは生徒さんにおしえていただきました、ありがとうございます!)一度みたことのある映画ですが、フランスでは近年の映画の中でもダントツ、話題になりました。主演の男優さんは、前年にひきつづき2016年の男優第一位にもなりました。
とってもいい映画です。担当の先生にきいてみると、こういう映画を émotionnel とか très touchant と描写するそうです。

週の締めくくり金曜日は、先生&スタッフとアペリティフです。
ワイン、ジュースなどの飲み物に、チーズ、ハム類+パン、チョコなどを楽しみます。

その後それぞれ、シャンゼリゼに繰り出す方、お買い物に行く方、そのまま空港へ直行の方、などいろいろです。
先生方はたいていは家路を急ぎます。
スタッフは。。。。お片づけと就業終了時間まで、来週&来年の準備に大忙し!2017年はなんと1月2日が開講初日でした!

新年明けましておめでとうございます。2017年が楽しく明るい一年になりますように!

今年は読んでくださる方が増えますように!

ニースホームステイの話

パリからニースへ
飛行機のチケットの予約、出発1か月前に予約、往復100ユーロ、フライト時間1時間半。
TGVでも、時間と日にちによっては同額のチケットがあるかもしれませんが、6時間かかります。日本の飛行機、新幹線と比べるととても安いですね。
ただし、EasyJet で荷物オプションなし、空港までの移動時間や、チェックインの時間を考えると、。。。荷物オプションがなかったので、お土産をちょっぴりしか買えなかったのが少し残念です。しかし、こんなに安く早く遊びに行ける場所!それに、近隣の鷹巣村、海が見られる、イタリア料理、など楽しいことたっぷりです。
今回出発はオルリー空港からです。オルリー空港へはRER高速郊外線BかCで行くことができます。バス行くこともできます。
パリ中心地からですと、余裕を見て1時間ぐらいでしょうか。
空港に到着してから、窓口を探し、すぐにゲートへ、国際線ではないのですべてスムーズに、搭乗口に到着しました。
今現在もテロ対策で厳戒注意体制なので、コート、ストールマフラー等はすべてとって、靴も脱いで税関を通ります。
1時間半のフライト、飲み物スナックの販売、免税品の販売、朝早かったので、うつらっとしているともう到着です。

ニース空港ターミナルの夕暮れ、遠くに海が見えます。以外に寒い、。。。バスでホームステイ先まで行く予定だったので、窓口でバス乗り場を聞いて、空港外へ!

以前バスに乗るのは恐怖でしたが(以前といっても、何十年も前の話です。そのころはバス内の表示は、行く先のみで、どのバス停を通ったか目を皿のように注意していないとどこを走っているのか?全くわかりませんでした)、最近はルートや次の駅、現在の駅、お目当てのバスが何分で来るかまではっきりと表示してあるので安心です。
方向を確認して、乗り込みます。ニース空港から街中まで、かの有名な Promenade des anglais アングレ通りを走ってゆきます。夕方ということもあるでしょうが、両方向3車線に車がひしめきあっている。。。ニースの街並みは意外に美しくない場所もあるな、などど思いながら、マダムのお家の近くの停留所に到着!
バス停からは徒歩5分、ナビという便利なもののおかげで無事マダム宅へ。
ベルを鳴らしてお宅に入ると、素敵な笑顔でマダムが迎えてくれます。
ちょうど同時期にホームステイ中の台湾からの学生さんと一緒に夕食。マダムは生徒さんの知らない単語を小さなカードに書き込んでくれて、ホームステイでのフランス語力アップに協力してくれます!!!すばらしい!

 

 

静かな環境でよく眠れました。
朝は、パンやジャム、コーヒーとフレンチスタイルの朝食でおなかいっぱいになった後、フランスラングへ。。。。

フランスラングの生徒さんが滞在してらっしゃると聞いていたので、フランスラングへの道さえ調べていない私、同居の生徒さんに頼んで一緒に登校してもらうことに、人間ナビですね、楽しくお話ししながら登校しました。

フランスラングニース校の話

フランスラングニース校

ニース校の校舎はノートルダム寺院からすぐ、FNACなどのあるショッピングセンターから徒歩1分のとても便利な場所に位置しています。シークレットコードを使って建物の中に入り、1階≪日本式に言うと2階≫が校舎です。

明るい校舎に明るい受付!
笑顔が素敵なスタッフが迎えてくれます。

フランスラングニース校

入学初日月曜日は 朝9時集合。

レベルチェックテスト、オーラルテストを済ませて、クラスが決まります。
その後、校長先生Sylvieさんからニースでの生活について、学校やアクティビティーについての説明。
続いて、教務担当のLaurenceさんから、授業についての説明があります。
その後みんなでニース中心地散策へ、。。学校近辺に何があるのかチェックするチャンスです!
*月曜祭日で休校だった場合は、火曜日は授業があるので8時集合。

授業のスケジュール
週20レッスンの場合:
火曜日から金曜日 8時45分から12時45分 休憩1回
週26レッスンの場合:
週20レッスン+アトリエ月曜日2回と火曜日1回
週30レッスンの場合:
週26レッスン+アトリエ木曜日1回金曜日1回
(変更の可能性あり、申し込み後、メールで送られてくるスケジュールに従ってください)

 

追記:
ニースの宿泊施設でおすすめは、やはりホームステイです。希望欄に(私のステイ先のマダムのように)、時間に余裕があって、お話し相手になってくれるファミリー、と頼みましょう。ニース校では教師陣の中にもホームステイファミリーを兼ねている方もいらっしゃいます。フランスラングのホームステイの申し込みにはスタンダードオプションとスペリアオプションがあって、ニースの場合スペリアオプションはプライベートバスを提供しています。こちらでは、かなりの確率でちょっぴり贅沢なニースファミリーの体験が期待できます。

長期滞在の方は、ファミリー宅でステイ中にシェアハウスやワンルームのお部屋を見つける方が多いようです。家賃はパリほどではないですが、比較的お高い。。ようです。

はじめのご挨拶

フランスラングパリヴィクトルユーゴ校

こんにちは。

フランスラングパリ校で、日本からの受講生の皆様のお世話をさせていただいております、吉原孝子とします。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

フランスラングでお仕事をさせていただき始めてから、まだ日は浅い私ですが、ニース校ボルドー校を見学する機会があり、もっと多くの方々にフランスラングパリだけでなく、ニース、ボルドーを知っていただきたい、との思いから、とうとうブログ開設の運びとなりました。

フランス留学、準備、渡仏後の生活に必要な情報、パリ、ニース、ボルドーの紹介、先生方の面白い逸話など、面白そうな話題を載せてみたいと考えています。

役に立つお話+楽しいお話をご紹介できたらいいな、と思います!

こんな情報がほしい、こんな場合どうしたらよいか知りたい、。。。コメントまたはメールいただければ、できる限り丁寧にお答えしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ut odio ante. vulputate, quis, nec id, Lorem efficitur. suscipit consectetur