フランスワーキングホリデー

フランスワーキングホリデービザとは?

フランス語の正式名称は「VISA VACANCES-TRAVAIL」。1999年1月8日、日本とフランス政府の二国間協定による「日仏2000年20活動」の一環として、日仏両国間におけるワーキングホリデー制度の実施が正式に決定され、同年12月1日にはフランスワーキングホリデービザの発給が事実上スタートしました。初年度2000年出発ベースのフランスワーキングホリデービザの発給数は275件。以来、発給数は段階的に増え続け、2012年度の定員数は1500名と公表されています。

フランスワーキングホリデー制度とは、協定両国の若者が外国の異文化に触れながら長期滞在をする機会を得ることによって、実生活の中で国際理解を深め、視野を広げ、さらには両国間の相互理解、友好関係が一層深まることを目的としています。

フランスワーキングホリデービザでは最長1年間の滞在となり、現地での滞在費用を補うためにアルバイトをすることが認められています。ワーキングホリデービザでは延長、再発給、また学生ビザへの切り替えなど身分変更は一切できません。

フランスワーキングホリデービザを取得するには?

フランスワーキングホリデービザの取得条件

  • 申請時において満18歳以上30歳以下であること。
  • フランスを知るための渡航で、フランスでアルバイトに就く意思があること。
  • 過去にフランスワーキングホリデービザを取得したことがないこと。
  • 子供同伴でないこと。

フランスワーキングホリデービザの特徴

  • フランスワーキングホリデービザの有効期限はフランス領土内に入国日から1年。またフランス入国日は、ビザ申請時に明確であることが必要です。
  • フランスワーキングホリデービザはフランス本土の各県(海外県・海外領土は除く)においてのみ有効です。
  • フランスワーキングホリデービザ所持者は、フランス滞在中に滞在期間の延長や身分の変更を行うことはできません。
  • フランスワーキングホリデービザの発給は1回限りです。フランス滞在中もしくは出発前にパスポートを紛失、盗難しても再発給されません。
  • フランスでアルバイトが見つかり次第、フランス各所在県にある労働管理局(Direction régionale des Entreprises, de la Concurrence, de la Consommation, du Travail et de l’Emploi/ DIRECCTE)にて一時労働許可証を取得するための申請が必要です。基本的に、職種を問わずアルバイト雇用契約書の期間に応じて一時労働許可証が即時交付されます。

フランスワーキングホリデービザの申請方法

  • 本人申請のみ受付可能。受付時間は月 – 金 午前9時から11時30分まで(日本の祝祭日を除く)。
  • 郵送による申請は出来ません。

フランスワーキングホリデービザ関連サイトリンク

在日フランス大使館
http://http://www.ambafrance-jp.org/article4284

フランスワーキングホリデーとフランスラング

フランスラングでは、1999年のフランスワーキングホリデー制度の実施およびフランスワーキングホリデービザの発給開始以来、毎年、多くのフランスワーキングホリデー利用者をお迎えしています。

フランスワーキングホリデーは1年間フランスで暮らしながら、フランス生活体験、語学もアルバイトもされたい方におすすめのビザです。

フランスでの毎日の生活シーンはもとより、アルバイト探しの際にもフランス語が話せることは断然有利になります。

短期間でフランス語を上達されたい方には毎週月曜日スタートの週単位集中コースや3ヶ月集中コースがお勧めです。またアルバイトをしながら週2回ペースでゆったりとフランス語をお勉強されたい方には3ヶ月非集中コースが最適です。

フランスラングでお好きなリズムでフランス語を学んでみませんか?

フランスワーキングホリデー体験日記