学生ビザ、延長申請の話

ビザ申請、延長申請手続きは、住居地区により申請先が異なりますが、パリ市内では、Préfecture に申請に行きます。しかし今年も、9月から2ヶ月かの間、Cité Universitaireで申請手続きが行われています。OFIIの暫定事務所、ということでしょう。フランスに到着した方は、こちらでビザを有効にしてもらうということになります。手続きには予約を取る必要があります。
注:OFIIのホームページから必要事項を記入して予約申請をしますが、毎年9月は希望人数が多く大変なようです。シーズンオフ?ですと、ビザの申請住所によって、直接持っていったり、郵送で手続きの書類を送付したりします。

さて今回は、フランスラングの生徒さんの学生ビザ延長申請の際の体験談です。
延長後のビザを入手していませんが、今回のケースは、本人も私も当局と思われる機関に問い合わせたり、ブログを読み漁ったりしてもはっきりとした解決法が見つけられなかったので、こんなケースもある、という参考にしてもらいたいと考え、ご本人の承諾を得て記事にさせていただいております。
ご本人、段取りよく、ビザ延長の手続きに必要な書類を整え、何ヶ月か前にネットでの予約も取り付けてあります。(この予約がまた曲者で、ビザの期限の切れるぎりぎりに予約しようとすると3ヶ月先立ったりして、本当にこの日にちでよいのか???予約の前にビザの期限が切れてしまう!と緊張するものです。結果からいうと、予約さえ抑えてしまって、Convocation 手続き日の呼び出し状、があれば、きちんと手続きをする意思あり、とみなされるのでしょうか。しかし、この書類があると、もし万一、職質にあったとしても大丈夫だそうです。*未確認情報です、しかしフランス式の理屈には合っているような気がします)。

さて、生徒さんの悩みというのは:
状況:
ー日本で取得した学生ビザがまもなく期限切れとなるので、ビザ延長申請に必要な書類はほとんどそろっている
ーOFIIとの予約も取ってあり、Convocation所有
ービザ期日が切れるが、日本に一時帰国したい、3週間の予定

問い合わせ内容&返答:
ーまずは、OFIIに向かい、パスポートとConvocationでフランスに再入国できるか? 答えはイエス
ー飛行機の切符を購入
ーなんだか不安なので、いろいろなブログなどで調べてみると、上記状態で再入国できた人とだめだという人が両方存在する。

この状況で、私に相談がきました。しかし、はっきりしたお返事はできません、情報不足です。ひとまず、パリ日本大使館と日本のフランス大使館に問い合わせてみることをお勧めしました。
両機関からもはっきりだめともイエスとも、ただ、Visa de retour というものを申請すれば絶対再入国できる、とのこと。

しかしこのビザがまたまた曲者、OFIIサイト、フランス公共機関のサイト、日本のフランス大使館のサイトをみてもこんなビザは見つからないし、きっと申請に学生ビザと同じぐらいいろいろな書類を集めなければならないのでは。。。?ご本人は、OFIIからもらった?Visa de retourの申請に必要な提出書類のリストをお持ちでしたが、いろいろ集めなければならないようです。

それでは、OFIIにご一緒しましょう、という話になって、付き添いました。

当日、待ち合わせを忘れてしまっていたり、RERのストで待ち合わせに遅れに遅れてしまい(お待たせして本当に申し訳ございませんでした)、最終的に当局職員にお話を聞いてもらえそうになったのは、閉館直前の午後3時30分、これが幸いしたようで、お話を聞いてくれそうな職員がいつもと違う人に、彼女も最初は Visa de retour が必要、とおっしゃっていましたが、最初に聞いたときは大丈夫だといわれたのに、とかなんとかいってみると、また別の職員に問い合わせ、その方から、必要書類を全部持って明日の朝きてみて!とのお言葉!!! - 朝、何時ごろ? - 10時とか11時かな。ー あまり早く来てもだめなのですね! - そうね。。。という会話、次の日書類を完全にそろえてくれば récépissé もらえそうな雰囲気です。
結果からいうと、生徒さんはビザ延長申請の書類を受け付けてもらえて、無事 récépissé をもって、安心な一時帰国が実現、となりました。めでたしめでたし。

Moral ビザの申請は早めはやめ、必要書類は揃えておきましょう。
実は私、10年の滞在許可証を所有しておりますが、引越し後、7年目にしてやっと先週住居変更の申請を出しました。立派なレセピセ持ちです!

注2:一時滞在長期ビザ<Visa de long séjour temporaire>ビザセクションでは、有効期間が4~6カ月であり、移民局での手続きを免除とする一時滞在長期ビザ発給の決定を下すことがあります。このビザには「DISPENSE DECARTE DE SEJOUR」との表記があり、ビザに記載された有効期限以上の滞在延長は認められません。
滞在期間の延長
ビザ有効期間以上の滞在を希望する場合、ビザの有効期間失効の2カ月前よりフランスの県庁(Préfecture)にて滞在許可証を申請する必要があります。

滞在許可証申請に関するお問合せは、ビザセクションでは回答してもらえません。
ご自身の居住地を管轄する県庁に問い合わせる必要があります。

ニース2017夏 ニースの話

ニース空港は、市内からタクシーだと20分ほどで到着です。空港から市内へは、タクシーだと40ユーロくらいでしょうか、便利で早い98番のバスですと、6ユーロです。ニース中心のマセナ広場に到着します。普通の路線バスですと、バスストップに何回かとまりますが、なんと1.5ユーロで市内まで連れて行ってくれます。
さてここで、お話を先に進める前に、ニースの公共交通機関情報を。。
ニースではバス乗り放題お得なチケットを購入することができます。
一日券 5ユーロ
10回券 10ユーロ
1週間券 15ユーロ
このチケットを使って、近隣の鷹巣村EzeやCanneなどに行くことができます。
Monacoや鷹巣村によってはさらに1.5ユーロ支払わなければならない目的地もありますので、ご注意を!

 

ニース市内到着は11時、最近流行のブランチに直行します。
市内にあるブランチ屋さん 気に入っているらしい息子はこの週3回目らしい。。
基本プライス、飲み物、温かい飲み物、食べ物各一つ注文し、追加したい人はいろいろと。。
フレッシュなオレンジジュースにパンケーキ、卵料理、コーヒーを注文しました。
息子たちは、ベーコンやらスモークサーモンやらPainPerduやら甘いパンケーキやら、この日はあまり待ちませんでしたが、1時間以上待たされることもあるらしいです。

ニースは夏、是非パラシュートで海の上を散歩を!
海岸は砂ではなくて小石だから泳ぎたくないだのなんだのと文句の多い子供立ちですが、このパラシュートはやってみたいと思ったらしい。ちょっとお高いですが、なかなか楽しそうです。
水上スキーなどなどウォータースポーツが楽しめるサイトがニースの海岸には2箇所あります。旧市街から近い Opéra Plage にあるお店を選びました。ネットなどで事前に予約してある場合以外は、お支払いは現金ですのでご注意を。

ちなみに Opéra Plage は水着だけの軽装で浜辺に来てゆったりした時間をすごしたい方にはお勧めです。
タオル、いすなどの貸し出し、一日16ユーロです。おなかがすいたらレストランで食事も可能です。
注:タオル敷物などを持参して浜辺でゆったりしている方もたくさんいらっしゃいます。

ニース独自のお菓子ではありませんが、パリの某有名デパートのデパ地下でも販売しているお菓子、Tropézienne、やはりコートダジュールで食べないと!!!
以前から気になっていたパン屋さんにて遅めの朝食です。カフェオレとトロペジエンヌ!!!ふんわりブリオッシュにたっぷりのクリーム!ここでは本当はFraisierイチゴのケーキが食べたかったのですが、見当たらず、でも大正解。このパン屋さんでは、好きなものを買って、または注文して、店内で食べることもできます。

NICE PORTにあるレストランで夕食。何件かのレストランが並んでいます。魚介類がお勧め、これが本当に美味、フレンチのようなイタリアンのような。。。なんといっても新鮮な素材が活きている!

Wikiより
La tarte tropézienne (あるいは « tropézienne ») ブリオッシュ生地のお菓子, 円形のブリオッシュの真ん中から横に二つに分け、生クリームとパティシエクリームがはさんである。 Alexandre Micka. という菓子職人のレシピーで、オリジナルのレシピは門外不出だそう。
ポーランドの菓子職人、Alexandre Mickaは1952年フランスプロバンス地方に到着。Saint-Tropez に店を開くことに決め、祖母のレシピでこのお菓子を販売することに決める。 1955年、Roger Vadim,の映画 Et Dieu… créa la femme がサントロペで撮影された際、Alexandre Micka は、映画チームの食事を担当することになります。このお菓子を Brigitte Bardot に紹介、彼女は« tarte de Saint-Tropez »と命名するよう打診。その後、菓子職人は « tarte tropézienne »の作り方の特許を取得。現在もレストランとお店はサントロペを始め、コートダジュールに存在する。

ニース2017年夏 パリ空港駐車場の話

タイトルが思い浮かばなかったので、夏と書きましたが、ニース滞在1週間のお話です。いろいろ書いていたら、今回は駐車場のお話のみになってしまいました。写真でこれからお話することを予告させていただきます。

若かりしころ、カーニバル時期に旅行しアンチニースになっていた私ですが、去年から何回か訪れ、滞在するたびにお気に入りの部分が増えて、アンチ感情はずいぶん薄れてきました。だんだん好きになっているといっても過言ではありません。
すばらしいお天気、きれいな花、雰囲気のある町並み、レストランでのお食事もパリよりお安くとてもおいしいものが食べられる問いっても過言ではありません!

 

今回も飛行機旅行です。
パリからは約1時間、電車ですと5時間かかります。車ですと7時間以上でしょうか。
人によっては、空港に早めに行くのが面倒とか、荷物が、とかいろいろ事情はありますが、やはり飛行機は乗ってからが早いのでなんだか楽な感じがします。
7月になってからの予約だったので、飛行機のチケットは少し高めです。今回はエールフランス、往復200ユーロちょっと、前もって予約しておけば、EasyJetなどで往復100ユーロのチケット購入も可能です。シーズンオフもお手軽なお値段でチケットが手に入ります。SNCFより安い気がします。。。

しかし、空港というのはどこも不便なところにありますね。我が家からも電車やバスだとなんだかひどく時間がかかり、早朝の便の場合は本当に考え物です。

今回利用したのはパリの南にあるオルリー空港、空港近くの格安駐車場で、8日間で70ユーロでした。
車での移動は短い時間で済みますが、駐車場から空港まで送迎してもらうとやはり1時かんほど余裕を持って考えたほうがよいですね。
今回利用した駐車場はトラベルカーというサイトを利用して見つけました。日付や到着時間などをもとに見積もりを出し、気に入ったパーキングがみつかったら、車の詳細を記入して申し込み、という便利なサイトです。支払いはカードでしなければなりませんが、預けるときにカードや支払いの作業がないのでかえって安心かもしれません。。。駐車場はたいていなんだか怪しげな場所(工業地帯とか辺鄙なところ)にあるようですが、いままで危ない目にあったことはありません。
駐車場がいくつもある中で、私の決め手は、空港までの距離と値段です。
そのほか、室内の駐車場がいい、とか、ホテルの駐車場が希望、など、条件はいろいろ選べます。

戻ってきたときに、預けた荷物を受け取ってから送迎の連絡をするので、タイミングのよいときはすぐにお迎えに来てもらえますが、何人か一緒にピックアップするので最初に到着した組だとちょっと待ち長いかもしれません。私は、電話した時点から自分の車をスタートさせるまでにちょうど一時間かかりました。それでも、Orly空港から自分の家までタクシーで大枚をはたいたり、公共交通機関でよっこら家に帰るより快適といえるでしょう。
それから、ちょっとびっくりしたのは、駐車場到着時には外に置いたのに、戻ってみたら、建物の中にある、といわれ、車の鍵を使ってみつけて、といわれ、我が家の車は、電池切れでピという合図ができず、どうしようかと考えていたら、同じ送迎者に乗った夫婦の車の隣に泊めてありました。ちゃんと考えて車を移動したんだ!とちょっぴり見直しました。

パリでは気をつけて!の話

パリではスリや置き引き、引ったくりなどのお話をよく聞きます。
日本の方、特に男の方はズボンのポケットにお財布をお持ちになる方が多いですが、とても危険です。
また、お茶の時間、おしゃれなカフェで談笑、はよいのですが、携帯をテーブルの上においておくのも、危険です。

危険といっても、命を狙われるわけではありませんが、お金だけでなく、カードや身分証明書がなくなってしまうと、再発行に時間がかかり、せっかくの旅行も台無しです。

フランスラングに働き出してから、実際に被害にあったケースを記録しておきます。
参考にしていただいて、気をつければ、危険なことはないのです!

革命記念日、クリスマス、大晦日、など、花火やお祭り気分のときに、携帯、特に IPHONE をなくした、という方が何人もいらっしゃいます。
人ごみの中にいらっしゃる場合には、大きな荷物は邪魔になりますが、だからといってポケットに保管するのは危険です、ポシェットのようなものに入れて、おなかの辺りにキープしておくのが安全でしょう。
実は、私も若いとき、満員のバスの中でポケットに入れておいた財布をすられそうになったことがあります。雨の日で、折りたたんだ傘をわざわざ人の手の近くに置くので、変な人だな?と思っていたら、その人が降りるとき、なんだか不安になってポケットをチェックすると、。。。ない!!!???まだフランス語は話せなかったので、その人の手をぎゅっと握り、必死でにらみつけたら返してくれました。周りに人がたくさんいたので、あきらめてくれたのですね。

人ごみのない、暗いところも危険です。少し遠回りでも、お店や人通りのある道をとおりましょう。
こちらも、体験談ですが、クリスマスディナークルーズがあり、待ち合わせはPontNeufの船の乗り場でした。セーヌ川沿いの通りは人がたくさんいましたが、船着場へ降りる階段は暗くて、人が一人ぽつんと。。。そのころは携帯もなかったので、仕方なく、その人のほうへ、なんだかいやな感じ。案の定、すっと近づいてきて、片手をおしつけるようにして、何を言っているかわかりませんでしたが、きっと金を出せ、というようなことを行ったのでしょう。現金はほとんど持っていませんでしたが、バッグが高いものだったので、覚えたての Au Secours! を私なりの思いっきりの大声で叫んだところ、意外な反応にびっくりしたのか、逃げていってしまいました。大事なかばんは無事守ることができました。
私は幸い怪我もなくディナーにも参加できましたが、引ったくりなどの場合は、抵抗するとかばんごと引きずられて怪我をされる場合もあります。
バイクや複数の人に襲われた場合は、身を守るほうを優先したほうがよいのではないでしょうか?

最近ショックだったのは、生徒さんの体験談で、地下鉄にチケットを使って乗車したときに、コントロールにあい、チケットを Valider /Composter有効にしていない、といわれてしまって、罰金を払われたとのことです。きちんと機会に通されたそうで納得いきませんね。最近どうもその手の詐欺まがいのことが頻発しているそうで、こういった状況に出会ってしまった場合、
1. チケットはきちんと使っているということ。
それでも許してもらえそうにない場合は、今は支払えないから、罰金請求書を切ってもらう。
もし本当にコントロール係りだったら、罰金請求書を発行してくれるはずです、その後、異議申し立てを行うことになりますが、怪しいコントローラーの場合は、きっと、じゃあいいよ。という運びになるのではないでしょうか。

最後に、何件かあったので、ご注意を促したいのですが、アパートを賃貸する場合など、契約相手が日本の方だからといって、口約束や契約書なしに現金で支払ったりしないでください。必ず契約書、領収書、相手の身分証明書のコピーなど、いただいておきましょう。クリーンに貸し借りする基本です。
契約の際に、退出時にもめたりしないよう、面倒でも賃貸の必要事項をきちんと抑えておきましょう。

今回のお話は写真なしでつまらないですね、ごめんなさい。でも大事なことです。

楽しい留学を成功させるために、ちょっとした注意が安全な生活を守ってくれるのです!

 

ニース旅行の話2

シャガール美術館
シャガール好きにはたまらない美術館です。時間があったら定期を買って毎日でも訪れたい。
午前中お仕事後、学校のスタッフにさよならを言った後、徒歩で行ってみることにしました。
美術館は、丘の上の素敵な住宅街に位置します。
シャガールと劇場についての映画上映があったので、見学。シャガールがオペラ劇場で活動している姿などを見ることができました。背景や衣装なども担当したことがあるのですね。

展示を眺めます。きれいな色、とか、奥さんがすきだったのね、など思いながら、見学を進めていきます。。じっくーり描かれた時代やその時のシャガールの心境などを考えながら見られたら、また違った印象になるのかしら、とか考察は続きますが、少しおなかがすいてきました。

 

シャガール美術館から、待ち合わせ場所のガンベッタ広場まで、歩けそう!丘の上から狭いけれどミモザなどのお花の咲く豪邸やニースの街並みを見下ろしながら下っていきます。
途中、道狭しと色々な高級車がとまっている、とおもいきや、某有名私立のお迎えの人々でした、さすがニース。

 

ガンベッタ広場から、日本レストランのマダムが、あのあたり、と教えてくださった、アート&ゲイの地区、ありました、ブラジルビオ、しかしスイーツはパウンドケーキみたいなもの、これはいくらビオでヘルシーでもな、なんだか物足りない感じです。こちらのお店を探しているときに通りかかった別のカフェでおやつに決定。実は通りがかりに覗いたショーウインドーに気になるアイテムが。。。

人間ナビもやはり同じものに目を付けていました。じゃ私は違うものを、と思いましたが、今まで何度もそう思ってほかのものを注文し、やっぱあっちの方がよかった、と悔しい思いをしていたので、今回は同じものにしました。
大正解!ほっぺが落ちるんではないかと心配するほどおいしかったころの某有名店Aを思い出させる味、あちらはどんどん値上がり、味もなんだかな、なので最近はご無沙汰しているモンブランでしたが。。。めちゃおいしー!ショーウィンドーには素敵なタルトやケーキが並んでいます、全部おいしいんだろうな、食べてみたい。。。

ニース旅行の話

この日は子供と待ち合わせして、おすすめの日本食店で昼食を食べました。
素敵な前菜!
子どもはカツカレー、
私はチラシ丼を頼みました。
おいしかった。。。
こちらの日本食ビストロ居酒屋 Maido のマダム≪日本の方≫は感じの良い方で、ニースのおすすめのスイーツ店を紹介してくださいました。
流行りのBIO、ブラジルのお菓子やさんです。是非行って見ます!

おなか一杯になりました、しかし、食べているだけでなくニースの観光地も訪れないといけません。
先ずは旧市街、今回も人間ナビがいるので地図なしで安心です。

イタリア映画のワンシーンを彷彿させる、アパートの谷間にぶら下がった洗濯物、それなのにオシャレな風景、私の写真では十分雰囲気が伝わらないのが残念です。。。お土産屋さんや、レストランがたくさん!人間ナビはさっそく有名なジェラート店で早速甘いものを購入。食いしん坊は私に似たのですね。。。さっきあんなにおなか一杯とか言っていたのに。
私はさすがに。。その上肌寒いのでおなかでもこわしたら大変。

海の方へ向かいます。お花のマルシェや観光レストラン街、お土産屋さんなどを通り越して、海岸線へ、小石の海岸が今一つな気分ですが、きれいな色の海が。。。と言いたいところですが、この日は風が強く、すごい波、そして寒い!
(ニースに行ったのは3月でした、現在7月末、寒いというコメントは季節はずれですのでご注意を。。。

次なる観光地、丘の上に滝のようなものがみえるので、そちらに上ってみます。
階段を上るとニースの街並みと遠く見えるのはアンチーブ?
荒れ気味の海も遠くから見るときれいなブルーです。うーん、学生時代、カーニバル時期にニースに来て、ちょっぴりアンチニースな私は、アンチ感が薄れてきました。。!
きれいです。

 

パリの人々には大きい声で言えませんが、道行く人がリラックス。
さて、突然ナビがツカレタ、と言い出したので、家に帰し、私は一人で散策をつづけることに。。。夕食はレストランを予約してあるというので、夜の再開を約束して...
さっき、あんまりよく物色できなかった旧市街のお土産屋さんを一軒一軒見て回りました。
可愛いグッズやせっけん、色合いがきれいです。

 

足が疲れたしまだ待ち合わせ時間には早いので、バスに乗ってどこかちょびっと遠くまで行って見ましょう。
鷹巣村のどこかへ行くのかな?名前が美しい、と思って乗ったバスは空港方面へ、電車の駅が見えたので行ってみました。電車の行く先にはなんとイタリアの街と思われる名前が。。。陸続きってすごいですね、反対方面はカンヌ、電車はあきらめて、バスでニース市内に戻ることに。
待ち合わせよりも早く到着したので、図書館 Bibliothèque Louis Nucéra に寄ってみました。
誰でも入館して本など閲覧できます、本やビデオなど貸し出しを希望の場合には、身分証明書と住居証明があれば登録OKです。
夜は、一つ星、シェフが日本人のレストランへ。。。ニースの旧市街にあります、感じのいい Garçon がお出迎え、お店の雰囲気も素敵です。シーズンオフにも関わらず、なかなか繁盛しています。エイのひれ aile de raie のお料理がとってもおいしかったです!

Praesent id nec porta. ipsum commodo adipiscing suscipit Sed elementum