学生ビザ、延長申請の話

ビザ申請、延長申請手続きは、住居地区により申請先が異なりますが、パリ市内では、Préfecture に申請に行きます。しかし今年も、9月から2ヶ月かの間、Cité Universitaireで申請手続きが行われています。OFIIの暫定事務所、ということでしょう。フランスに到着した方は、こちらでビザを有効にしてもらうということになります。手続きには予約を取る必要があります。
注:OFIIのホームページから必要事項を記入して予約申請をしますが、毎年9月は希望人数が多く大変なようです。シーズンオフ?ですと、ビザの申請住所によって、直接持っていったり、郵送で手続きの書類を送付したりします。

さて今回は、フランスラングの生徒さんの学生ビザ延長申請の際の体験談です。
延長後のビザを入手していませんが、今回のケースは、本人も私も当局と思われる機関に問い合わせたり、ブログを読み漁ったりしてもはっきりとした解決法が見つけられなかったので、こんなケースもある、という参考にしてもらいたいと考え、ご本人の承諾を得て記事にさせていただいております。
ご本人、段取りよく、ビザ延長の手続きに必要な書類を整え、何ヶ月か前にネットでの予約も取り付けてあります。(この予約がまた曲者で、ビザの期限の切れるぎりぎりに予約しようとすると3ヶ月先立ったりして、本当にこの日にちでよいのか???予約の前にビザの期限が切れてしまう!と緊張するものです。結果からいうと、予約さえ抑えてしまって、Convocation 手続き日の呼び出し状、があれば、きちんと手続きをする意思あり、とみなされるのでしょうか。しかし、この書類があると、もし万一、職質にあったとしても大丈夫だそうです。*未確認情報です、しかしフランス式の理屈には合っているような気がします)。

さて、生徒さんの悩みというのは:
状況:
ー日本で取得した学生ビザがまもなく期限切れとなるので、ビザ延長申請に必要な書類はほとんどそろっている
ーOFIIとの予約も取ってあり、Convocation所有
ービザ期日が切れるが、日本に一時帰国したい、3週間の予定

問い合わせ内容&返答:
ーまずは、OFIIに向かい、パスポートとConvocationでフランスに再入国できるか? 答えはイエス
ー飛行機の切符を購入
ーなんだか不安なので、いろいろなブログなどで調べてみると、上記状態で再入国できた人とだめだという人が両方存在する。

この状況で、私に相談がきました。しかし、はっきりしたお返事はできません、情報不足です。ひとまず、パリ日本大使館と日本のフランス大使館に問い合わせてみることをお勧めしました。
両機関からもはっきりだめともイエスとも、ただ、Visa de retour というものを申請すれば絶対再入国できる、とのこと。

しかしこのビザがまたまた曲者、OFIIサイト、フランス公共機関のサイト、日本のフランス大使館のサイトをみてもこんなビザは見つからないし、きっと申請に学生ビザと同じぐらいいろいろな書類を集めなければならないのでは。。。?ご本人は、OFIIからもらった?Visa de retourの申請に必要な提出書類のリストをお持ちでしたが、いろいろ集めなければならないようです。

それでは、OFIIにご一緒しましょう、という話になって、付き添いました。

当日、待ち合わせを忘れてしまっていたり、RERのストで待ち合わせに遅れに遅れてしまい(お待たせして本当に申し訳ございませんでした)、最終的に当局職員にお話を聞いてもらえそうになったのは、閉館直前の午後3時30分、これが幸いしたようで、お話を聞いてくれそうな職員がいつもと違う人に、彼女も最初は Visa de retour が必要、とおっしゃっていましたが、最初に聞いたときは大丈夫だといわれたのに、とかなんとかいってみると、また別の職員に問い合わせ、その方から、必要書類を全部持って明日の朝きてみて!とのお言葉!!! - 朝、何時ごろ? - 10時とか11時かな。ー あまり早く来てもだめなのですね! - そうね。。。という会話、次の日書類を完全にそろえてくれば récépissé もらえそうな雰囲気です。
結果からいうと、生徒さんはビザ延長申請の書類を受け付けてもらえて、無事 récépissé をもって、安心な一時帰国が実現、となりました。めでたしめでたし。

Moral ビザの申請は早めはやめ、必要書類は揃えておきましょう。
実は私、10年の滞在許可証を所有しておりますが、引越し後、7年目にしてやっと先週住居変更の申請を出しました。立派なレセピセ持ちです!

注2:一時滞在長期ビザ<Visa de long séjour temporaire>ビザセクションでは、有効期間が4~6カ月であり、移民局での手続きを免除とする一時滞在長期ビザ発給の決定を下すことがあります。このビザには「DISPENSE DECARTE DE SEJOUR」との表記があり、ビザに記載された有効期限以上の滞在延長は認められません。
滞在期間の延長
ビザ有効期間以上の滞在を希望する場合、ビザの有効期間失効の2カ月前よりフランスの県庁(Préfecture)にて滞在許可証を申請する必要があります。

滞在許可証申請に関するお問合せは、ビザセクションでは回答してもらえません。
ご自身の居住地を管轄する県庁に問い合わせる必要があります。

ニース2017夏 ニースの話

ニース空港は、市内からタクシーだと20分ほどで到着です。空港から市内へは、タクシーだと40ユーロくらいでしょうか、便利で早い98番のバスですと、6ユーロです。ニース中心のマセナ広場に到着します。普通の路線バスですと、バスストップに何回かとまりますが、なんと1.5ユーロで市内まで連れて行ってくれます。
さてここで、お話を先に進める前に、ニースの公共交通機関情報を。。
ニースではバス乗り放題お得なチケットを購入することができます。
一日券 5ユーロ
10回券 10ユーロ
1週間券 15ユーロ
このチケットを使って、近隣の鷹巣村EzeやCanneなどに行くことができます。
Monacoや鷹巣村によってはさらに1.5ユーロ支払わなければならない目的地もありますので、ご注意を!

 

ニース市内到着は11時、最近流行のブランチに直行します。
市内にあるブランチ屋さん 気に入っているらしい息子はこの週3回目らしい。。
基本プライス、飲み物、温かい飲み物、食べ物各一つ注文し、追加したい人はいろいろと。。
フレッシュなオレンジジュースにパンケーキ、卵料理、コーヒーを注文しました。
息子たちは、ベーコンやらスモークサーモンやらPainPerduやら甘いパンケーキやら、この日はあまり待ちませんでしたが、1時間以上待たされることもあるらしいです。

ニースは夏、是非パラシュートで海の上を散歩を!
海岸は砂ではなくて小石だから泳ぎたくないだのなんだのと文句の多い子供立ちですが、このパラシュートはやってみたいと思ったらしい。ちょっとお高いですが、なかなか楽しそうです。
水上スキーなどなどウォータースポーツが楽しめるサイトがニースの海岸には2箇所あります。旧市街から近い Opéra Plage にあるお店を選びました。ネットなどで事前に予約してある場合以外は、お支払いは現金ですのでご注意を。

ちなみに Opéra Plage は水着だけの軽装で浜辺に来てゆったりした時間をすごしたい方にはお勧めです。
タオル、いすなどの貸し出し、一日16ユーロです。おなかがすいたらレストランで食事も可能です。
注:タオル敷物などを持参して浜辺でゆったりしている方もたくさんいらっしゃいます。

ニース独自のお菓子ではありませんが、パリの某有名デパートのデパ地下でも販売しているお菓子、Tropézienne、やはりコートダジュールで食べないと!!!
以前から気になっていたパン屋さんにて遅めの朝食です。カフェオレとトロペジエンヌ!!!ふんわりブリオッシュにたっぷりのクリーム!ここでは本当はFraisierイチゴのケーキが食べたかったのですが、見当たらず、でも大正解。このパン屋さんでは、好きなものを買って、または注文して、店内で食べることもできます。

NICE PORTにあるレストランで夕食。何件かのレストランが並んでいます。魚介類がお勧め、これが本当に美味、フレンチのようなイタリアンのような。。。なんといっても新鮮な素材が活きている!

Wikiより
La tarte tropézienne (あるいは « tropézienne ») ブリオッシュ生地のお菓子, 円形のブリオッシュの真ん中から横に二つに分け、生クリームとパティシエクリームがはさんである。 Alexandre Micka. という菓子職人のレシピーで、オリジナルのレシピは門外不出だそう。
ポーランドの菓子職人、Alexandre Mickaは1952年フランスプロバンス地方に到着。Saint-Tropez に店を開くことに決め、祖母のレシピでこのお菓子を販売することに決める。 1955年、Roger Vadim,の映画 Et Dieu… créa la femme がサントロペで撮影された際、Alexandre Micka は、映画チームの食事を担当することになります。このお菓子を Brigitte Bardot に紹介、彼女は« tarte de Saint-Tropez »と命名するよう打診。その後、菓子職人は « tarte tropézienne »の作り方の特許を取得。現在もレストランとお店はサントロペを始め、コートダジュールに存在する。

受領証明はがき付き書留の郵送の話

フランスでは、大事な書類等を郵送するとき、

受領証明はがき付き書留 lettre recommandée avec accusée de réception という形式で郵送します。一般の手紙の切手代よりずいぶん高くなりますが、この方法ですと、申請手続きなどお返事を待つ場合、問い合わせのときに便利です。逆に言うと、これがないと、届いていません、の一言でこちらから打つ手がなくなってしまいます。

この方法ですと、あて先の相手のサインが必要になり、サイン+受け取り日付の明記されたはがきが返信され、確かに送りました、受け取りました、という証明になります。

右手のバッテンがついている箇所に自分の住所 expéditeur を記入します。

左手上の四角にあて先  destinataire  を記入します。

その後、窓口で親切な郵便局員に遭遇すればそのまま料金を支払って、日付のはんこをぺたんと押してくださり送付証明の書式をいただけるのですが、近年、壁にずらりと並ぶマシーンでお金を払ってから窓口に来て、といわれることが多いですね。

郵送物を秤において、マシーンの画面をタッチするとこんな画面に。。。

左から2番目 書留 をタッチすると、次の画面に移動です。

*** 英語に自信のある方は、画面下のイギリスフラッグをタッチすると英語表示になります。

フランス国内を選んで 画面をタッチ。

確認のはがきが必要かどうか選びます。

最後に 紛失した場合の損害賠償料金を選んで、最終画面、料金を支払います。

フランスに長期留学にいらっしゃる方は、フランス到着後3ヶ月以内に移民局に書類を持参か、郵送の必要があります。郵送の場合は必ずこの方法で!

ビザの話、到着後

パリに到着してからの話:

さて、私がお手伝いできるのは、受講生の方々がフランスにいらしてからです。ビザで渡仏した場合フランスに到着後、3か月以内に移民局(OFII)にフォーマットを提出する必要があります。

提出方法は、住む地域によって直接OFIIに提出、その場で書類受領の証明をいただけます。

OFIIに郵送、その場合は受領証明のハガキ付き書留にする必要があります。

*** 申請した時期によって、ビザの延長が可能な場合とそうでない場合がありますのでご注意ください!

ほかほかの最新情報です。私の上司がPrefectureに行って担当者に直接お聞きした情報:

滞在ビザをもってフランスに到着した場合、3ヶ月以内に、住居する場所によって、パリ市内の場合はOFII、パリ郊外の件の場合はPrefectureに

  • 日本から持参したOFIIの書類
  • パスポートのビザのあるページのコピー

を持参、または、郵送します。郵送の際には、必ず受け取り証明用はがきつき書きとめで送ってください。こちらで送っておけば、相手が受け取ったかどうか、日付を含め、音沙汰がない場合の証明になります。その後、当局から連絡があり、健康診断+呼び出し期日、必要書類などが明記された手紙が届きます。フランス語レッスンなど、お忙しく、都合が悪い日に予定されていても、期日変更は可能かどうか?また、変更をお願いしたら、いつになるかまったくわかりませんので、万事配して呼び出し期日に応じてください。

現在、OFIIの場合、健康診断は同じ場所で行われます。というわけで、呼び出し期日は同じです。この健康診断、もしかしたら廃止になるかもしれない、とのことです。未確認情報ですが

。。。

現在のところ、出生地、両親の名前などの明記された戸籍の翻訳は必要書類に入っていませんが、これも、必要書類の仲間入りをする可能性大です、こちらも未確認情報ですが。。。

ただし戸籍抄本、謄本をもとに、出生証明書などを発行してもらう場合、6ヶ月以内の抄本、もしくは謄本が必要ですのでお気をつけて。。

 

 

 

ビザの話、渡仏前

フランスラングで受講される方々には、期間別にしますと、

1)1週間から3か月以内
2)3か月から6か月
3)1年間

の3タイプがあります。

1)3か月以内のかたは、ビザ申請は必要ありませんが、3か月以上となりますと、ビザを申請する必要があります。
最近1週間から4週間のプチ留学が増えておりますが、4ヶ月以上から1年間、つまり、滞在ビザが必要なかたもたくさんいらっしゃいます。

フランスラングで受講される方々の申請されるビザは、主に、

  • 学生ビザ
  • ワーキングホリデービザ
  • ビジタービザ

となります、それぞれ、数種類の書類にビザタイプによっては、動機書の提出も必要になります。そろえる書類がたくさんあって準備に時間がかかります。

詳しくは当局のサイトを丁寧に閲覧されることをお勧めしますが、最近の情報ですと、テロ事件で申請者が少なくなったからか、それとも/そして、日本からの申請者には危険がないことが明白であるからか、一時期は3ヶ月かかる、とか、むずかしい、などといわれていた学生ビザ申請が、書類さえきちんとそろっていれば1週間ぐらいで配布された、というお話も聞きました。

常時、渡仏される生徒さんに直接お聞きするので確かな情報ですが、だからといって必ず皆1週間でビザ配布、という意味ではございませんのであしからず。

在日フランス大使館のホームページ http://www.ambafrance-jp.org/- Japonais-

で必要書類を閲覧することができます。

長期学生ビザの申請に必要な書類:http://www.ambafrance-jp.org/- rubrique402-

ワーキングホリデービザ申請に必要な書類:

http://www.ambafrance-jp.org/article6252

ビジタービザ申請に必要な書類:

http://www.ambafrance-jp.org/article775

学生ビザ申請の場合、書類をそろえて、キャンパスフランス

http://www.japon.campusfrance.org/

予約を取る必要があります。

フランス留学の手続きについての説明ページ:

http://www.japon.campusfrance.org/ja/rubrique/procedures-jp

どれもたくさん準備する書類が多くて大変ですね。しかし、いったん書類をそろえて、キャンパスフランスでの面接をクリアすれば、ビザの発行には1週間ほど、意外に早くお手元に届くようです。

 

 

素敵なガリー農園の話

チューリップとは改良に改良を重ね、いろいろな色や形の花がありますね。先日おじゃましたお宅の花瓶いっぱいに何種類ものチューリップが美しく飾られていました。ガリー農園でご自分で収穫?とのこと、お花はあっという間に移り変わってしまうので、さっそく行って見ました。

 

ガリー農園は、車がないととっても不便な場所にありますが、Citadin 街住みの人々には憩いの場所&収穫の場所といえ、パリ近郊でちょっぴりアウトドア気分を味わいたい方にお勧めです。近年は大型バスでツアーを組んでいらっしゃる方もあるようです。季節になると、イチゴやリンゴ、その他さまざまな果物、野菜を自分で収穫し購入します。

日本の苺食べ放題農園で、食べ放題ではなく、収穫しその料金を払ってお持ち帰り、とシステムです。以前は、真っ赤な苺を収穫時にむしゃむしゃ味見したものですが、近年、買ってから食べましょう、というメッセージがあるので、ちょっぴり味見で我慢しています。冬季はお休みで、収穫は4月から始まりました。

 

水曜日は、チューリップのほかに、野菜としてポワローねぎ、カリフラワー、キャベツ、サラダ、ほうれん草などがありましたが、私は収穫はせずに、キロ売りの玉ねぎと赤玉ねぎを購入しました。収穫して購入する場合、お値段の見方はこんな風です。
salade 1 € /la salade  3個 買うと 1個0.9€
poireaux    1.1€ /kg  2キロ以上 0.6€/キロ
céleri   1.5€  /pièce  1個
チューリップのお花の値段:
1 à 15 tiges     0.47€/ la tige   1~15本  一本0.47€
16 à 20 tulipes    7.40€/le bouquet 16~20本 ブーケで7.40€
30 tulipes  10 offerts      30本買うと10本おまけ

収穫するのは暑いし歩くのはいや、という方、花壇にお花を、とか、ちょっとしたかわいい贈り物を探している、地方産の気になるチョコレートがあるかしら?などという方にも満足していただけると思えるのが、ガリー農園のブティックです。
野菜、フルーツはもちろん、お花、花壇用の土、ワイン、調味料、チョコレート、雑貨、装飾品、最近はティールームまで開店しました。

別の場所には、子供の製作アトリエ、動物とのふれあいコーナーなどもあるようです。
***ガリー農園のリンゴジュース、とてもおいしいそうです(これは子供の言葉)、添加物なしで、健康的、こちらもお勧めです。