ビザ申請、延長申請手続きは、住居地区により申請先が異なりますが、パリ市内では、Préfecture に申請に行きます。しかし今年も、9月から2ヶ月かの間、Cité Universitaireで申請手続きが行われています。OFIIの暫定事務所、ということでしょう。フランスに到着した方は、こちらでビザを有効にしてもらうということになります。手続きには予約を取る必要があります。
注:OFIIのホームページから必要事項を記入して予約申請をしますが、毎年9月は希望人数が多く大変なようです。シーズンオフ?ですと、ビザの申請住所によって、直接持っていったり、郵送で手続きの書類を送付したりします。

さて今回は、フランスラングの生徒さんの学生ビザ延長申請の際の体験談です。
延長後のビザを入手していませんが、今回のケースは、本人も私も当局と思われる機関に問い合わせたり、ブログを読み漁ったりしてもはっきりとした解決法が見つけられなかったので、こんなケースもある、という参考にしてもらいたいと考え、ご本人の承諾を得て記事にさせていただいております。
ご本人、段取りよく、ビザ延長の手続きに必要な書類を整え、何ヶ月か前にネットでの予約も取り付けてあります。(この予約がまた曲者で、ビザの期限の切れるぎりぎりに予約しようとすると3ヶ月先立ったりして、本当にこの日にちでよいのか???予約の前にビザの期限が切れてしまう!と緊張するものです。結果からいうと、予約さえ抑えてしまって、Convocation 手続き日の呼び出し状、があれば、きちんと手続きをする意思あり、とみなされるのでしょうか。しかし、この書類があると、もし万一、職質にあったとしても大丈夫だそうです。*未確認情報です、しかしフランス式の理屈には合っているような気がします)。

さて、生徒さんの悩みというのは:
状況:
ー日本で取得した学生ビザがまもなく期限切れとなるので、ビザ延長申請に必要な書類はほとんどそろっている
ーOFIIとの予約も取ってあり、Convocation所有
ービザ期日が切れるが、日本に一時帰国したい、3週間の予定

問い合わせ内容&返答:
ーまずは、OFIIに向かい、パスポートとConvocationでフランスに再入国できるか? 答えはイエス
ー飛行機の切符を購入
ーなんだか不安なので、いろいろなブログなどで調べてみると、上記状態で再入国できた人とだめだという人が両方存在する。

この状況で、私に相談がきました。しかし、はっきりしたお返事はできません、情報不足です。ひとまず、パリ日本大使館と日本のフランス大使館に問い合わせてみることをお勧めしました。
両機関からもはっきりだめともイエスとも、ただ、Visa de retour というものを申請すれば絶対再入国できる、とのこと。

しかしこのビザがまたまた曲者、OFIIサイト、フランス公共機関のサイト、日本のフランス大使館のサイトをみてもこんなビザは見つからないし、きっと申請に学生ビザと同じぐらいいろいろな書類を集めなければならないのでは。。。?ご本人は、OFIIからもらった?Visa de retourの申請に必要な提出書類のリストをお持ちでしたが、いろいろ集めなければならないようです。

それでは、OFIIにご一緒しましょう、という話になって、付き添いました。

当日、待ち合わせを忘れてしまっていたり、RERのストで待ち合わせに遅れに遅れてしまい(お待たせして本当に申し訳ございませんでした)、最終的に当局職員にお話を聞いてもらえそうになったのは、閉館直前の午後3時30分、これが幸いしたようで、お話を聞いてくれそうな職員がいつもと違う人に、彼女も最初は Visa de retour が必要、とおっしゃっていましたが、最初に聞いたときは大丈夫だといわれたのに、とかなんとかいってみると、また別の職員に問い合わせ、その方から、必要書類を全部持って明日の朝きてみて!とのお言葉!!! - 朝、何時ごろ? - 10時とか11時かな。ー あまり早く来てもだめなのですね! - そうね。。。という会話、次の日書類を完全にそろえてくれば récépissé もらえそうな雰囲気です。
結果からいうと、生徒さんはビザ延長申請の書類を受け付けてもらえて、無事 récépissé をもって、安心な一時帰国が実現、となりました。めでたしめでたし。

Moral ビザの申請は早めはやめ、必要書類は揃えておきましょう。
実は私、10年の滞在許可証を所有しておりますが、引越し後、7年目にしてやっと先週住居変更の申請を出しました。立派なレセピセ持ちです!

注2:一時滞在長期ビザ<Visa de long séjour temporaire>ビザセクションでは、有効期間が4~6カ月であり、移民局での手続きを免除とする一時滞在長期ビザ発給の決定を下すことがあります。このビザには「DISPENSE DECARTE DE SEJOUR」との表記があり、ビザに記載された有効期限以上の滞在延長は認められません。
滞在期間の延長
ビザ有効期間以上の滞在を希望する場合、ビザの有効期間失効の2カ月前よりフランスの県庁(Préfecture)にて滞在許可証を申請する必要があります。

滞在許可証申請に関するお問合せは、ビザセクションでは回答してもらえません。
ご自身の居住地を管轄する県庁に問い合わせる必要があります。